馬頭観世音菩薩

真 言  

オン アミリトゥ ドハバ ウンハッタ ソワカ


現在日本最大の馬頭観音尊像。右の手に魔を払う利剣、左手に祈念の念珠等をもった四面八臂のお姿で、高さ実に6米(2丈)作者は、重要無形文化財匠・第28世 大谷相模椽隆義師である。

開眼以来、数々の競馬・乗馬関係者やファン、動物愛護者、全国各地の信徒より厚く信仰される。

【動物愛護】

馬頭観世音菩薩は、畜生道(動物の世界)をつかさどる仏さま。動物の健康長寿、また大切なペット(亡くなられたペットも)を守護し続けてくれると言われている。

 

【馬に関する祈願・供養】

馬頭観世音菩薩の名から分かるよう、頭上に馬の顔が見られる。古来日本では、馬の健康を祈る祈願や亡くなった愛馬の供養のために、馬頭観世音菩薩が信仰されてきました。

 

【交通安全】

古来、交通手段として馬が活躍していました。道中に、馬頭観音菩薩の石碑を建てて無事を祈っていました。馬頭観音菩薩は人々の交通を守る仏さまでもあります。


大聖歓喜天

真 言

オン キリギャクウン ソワカ


通称:聖天さんと親しまれる仏さま。「弘法大師作の聖天」と伝承されている。元々は、久邇宮朝彦親王殿下のご念持仏。明治4年、御還俗の際にお堂と共に譲り渡された仏さま。先々代住職、圓照大僧正が奉戴して現在の地に移す。聖天尊は、秘仏中の秘仏の為、その御姿を拝見することはできない。

【商売繁盛】

聖天さんのシンボルマークでもある『巾着袋』が表わすように、金運を呼び込むと伝えられている。聖天尊の原型は、インドの神様ガネーシャ。インドでもガネーシャは商売繁盛の神様として信仰されている。

 

あらゆる願い事】

熱心な信仰をおこなうと、他の神仏ではなし得ない無理な願いを聞いてくれると言われている強力な仏さま。ただそれには、願主のたしかなる信心が必要不可欠である。

 

良縁・夫婦和合・子授け】

聖天さんのシンボルマークの一つが『二股の大根』。二股が根元で引っ付くように、良縁を成就させると言われている。


毘沙門天

真 言

オン ベイシラマナヤ ソワカ


福徳開運の天尊。天武天皇の勅願により、文武天皇が鎮国護法の為に勧請奉安されたご本尊。秘仏であり、ご開帳は1月1日~3日の年に1度。

【受験や勝負事】

戦いの仏さま、勝負事の仏さまでもあり四天王の中で、もっとも強い仏とされている。古くには、多くの戦国武将が信仰していた。上杉謙信が毘沙門天を厚く信仰していたのは有名である。

 

【厄除け】

仏教を守護する四天王のひとり。北の方角を守る仏さま。煩悩や魔、災いや厄から守るといわれている。

 

【開運】

悪を退散させる力で追い払う。また、財宝神の性格を併せ持っていたことから、七福神のひとりとされている。毘沙門天を信仰すると十種類の福をえられるといわれている。